認知行動療法のご案内

当クリニックでは、うつ病、パニック障害、不安、怒りなどの感情に関する問題、ストレス関連の問題、対人関係の問題、強迫性障害、摂食障害等の患者様へ『認知行動療法』を実施しています。
認知行動療法とは、自分の認知(考え方)やストレスへの行動(対処)パターンで悪循環に陥っている部分を明らかにし、少しずつステップを踏みながら、それらを適応的なものへと変化させていくことで症状や様々な問題を解消していく心理療法です。
カウンセラ一とともに自分の症状や問題を客観的に見つめ直し、それらへの具体的な対処法を考えていくことで、ストレスへの対処能力を高めていきます。
実際のカウンセリングでは、まず最初に、『カウンセリングを受けることによって、あなたがどうなりたいか』という目標を決めた上で、毎回のカウンセリングで『〇〇さんに自分の伝えたいことを言ってみる』『隣の駅まで電車に乗ってみる』等の具体的な課題をカウンセラ一と一緒に作り、それを行なうには、どう工夫すればやりやすいか等、対処法を身につけた上で、日常生活の中で実際に課題をやってみて次のカウンセリングで成果を見ていきます。
課題をうまくこなせた際は、最初に決めた目標を達成するための次の課題を考えていき、うまくこなせなかった際はどうすればうまく課題をこなせるかを再度検討していくことで、患者様の症状改善のサポートをしてまいります。
この治療法をお受けになることを希望される方は院長へお申し出ください。

外来森田療法のご案内

当クリニックではパニック障害、心気症、社会不安障害(対人恐怖症)、強迫性障害、抑うつ神経症などの神経瘁的な疾患を持たれている方々に対して『外来森田療法』を実施しています。
森田療法は、以前は入院施設で行なわれることが中心でしたが、現代では通院しながら行なう『外来森田療法』が中心となっています。
森田療法で体験することを、2つにまとめます。ひとつ目は自分の健康な欲望を日常生活の行動をとおして発揮することがすすめられます。悩みにとらわれずに、日常生活をおろそかにしないことです。もうひとつは、自分の不安?恐怖.不快な感情をしっかりと見つめ、受け止めることです。感情の受容のすすめです。
森田療法に適している人は、森田神経質と呼ばれる特徴を持った方々に限られます。カウンセリングの初めの段階ではまず森田療法に適している方かどうか、じっくりご事情をお聞きしていく中で、判断させいていただきたいと思います。もし他の治療法が適しているとなれば、森田療法以外の治療法を提案させていただく場合もあります。
森田療法は、禅などにも通じる東洋的な人間理解に基づく心理療法ですが、特定の宗教とは閨係がありません。神経症的な悩みを解決するために、森田正馬(1874~1938)という人が大正時代に完成させた伝統ある治療法です。現代の心理療法である認知行動療法とも共通点が多く関心が持たれているものです。
この治療法をお受けになることを希望される方は、院長までお申し出ください。

  • 精神疾患測定検査(nIR-HEG)のご案内 当院ではH23年9月1日より「近赤外線方式脳血流評価システム機器(nIR HEGキット)」を導入致しました。
  • WEB問診表 WEB問診票に事前記入・印刷をしていただくことで、診察時間を大幅に短縮することができます。

TOPへ